So-net無料ブログ作成

2013年1月台湾旅行記(その11)―NH1186便搭乗記(TSA→HND)― [ANA]

 前回のつづき。ラウンジで寛いで、いよいよ帰国便に登場します。

ANAのB767-300ER(TSAにて).JPG

2013.01.14(Mon) NH1186 TSA13:45→17:45HND 機種:B767-300ER(JA604A)

 この日は首都圏での大雪に伴い、羽田に着陸できない場合は、関空もしくはセントレアにダイバードという条件付きでの運航でした。

旧称CLUB ANA Asiaの座席.JPG

 復路は往路と同じB767でも機内仕様は違って、旧称CLUB ANA Asiaの座席でした。中距離便でのナイトフライトではきついという声も聞きますが、3~4時間程度のフライトなら遜色ないでしょう!
 ライバル社では2-2-2配置を踏襲しているのに対して、こちらは2-1-2配置ですし。私は写真の通り、真ん中の1人席を指定しました。

帰りもシャンパン.JPG

 台北上空は気流もよかったようで、離陸して5分もしないうちにベルトサインが消え、機内サービスがスタート。復路でもまずはシャンパンをいただきます。

 このとき観ていたのは「ガイアの夜明け」。日本初の女性パイロット誕生のドキュメンタリーでした。2013年秋には堀北真希主演の「ミス・パイロット」も観ましたが、旅客機のパイロットになるには男女関係なく、とても厳しい試練が待ってるんですね。

機内食(洋食).JPG

 機内食は洋食をチョイス。メインはシーフード(タラ、エビ)グリルのバジルソースあえでした。海外発の洋食は美味しいという法則はウソじゃないですね(^^)

遠州灘上空をぐるぐる.JPG

 追い風に乗って順調に飛んでいた搭乗機も上空待機の指示が入り、遠州灘沖でぐるぐる旋回します。同時に機長からアナウンスで羽田の状況も伝えられます。

 どうなるかヤキモキしましたが、羽田への着陸が決定。この間遠州灘上空を2周しました。(^^;)

大雪の羽田に到着.JPG

 なんだかんだで大雪の羽田に無事に着陸しました。着陸後ゆーーっくりとタキシングして、国際線ターミナルにスポットインしたのは定刻より20分ほど遅れての18時過ぎでした。

 これで岡山へ今日中に帰れそうだな、と思ったら機内アナウンスで「本日国内線は全便欠航しています。」とのこと!「早く言ってくれよ~」、って感じでしたがよくよく考えれば、大雪で滑走路も一時閉鎖されていたのだから無理もないですね(^^;)

 とりあえず飛行機を降り、入国審査を出て、ANAが手配してくれた品川のホテルに1泊して翌朝の始発便で岡山に帰りました。
 
 この台湾旅行から帰ってしばらくすると、エバー航空による岡山―台北(桃園)便が開設される、というニュースが飛び込んできました。2013年夏季のみの定期運航で、水土の週2便でしたが、搭乗率は77%とかなり良好な数値だったようで、ひとまず今後は通年運航を目指してほしいところですね。

 今度台湾へ行く際は岡山空港から、そして台北以外のスポットも訪れてみたいと思います。

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 11

コメント 4

ma2ma2

旅行記、いつも楽しませて頂いています!
本年もお世話になり、有り難うございますm(__)m
良いお年をお迎え下さい!
by ma2ma2 (2013-12-31 19:04) 

undo

あけましておめでとうございます。

羽田から飛ぶようになって地方からでも行きやすくなった感じがしますね。各地への最終便に間に合うような時間帯で運行してくれたら利便性が上がりますが、首都圏の方にしてみれば早すぎる帰宅になっちゃうのかな?

今年もよろしくお願いいたします。
by undo (2014-01-02 18:52) 

ino-ko

ma2ma2さん
遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します。

by ino-ko (2014-01-10 22:29) 

ino-ko

undoさん
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

ANAは今春より羽田発着の国際線を増便するとのことで、より一層羽田の利便性が向上しますね。地方在住のANAマイラ―としては、ありがたい限りです。
by ino-ko (2014-01-10 22:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。