So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年8月香港旅行記(その1)―ラウンジパシフィック― [外資系エアライン]

 遅くなりましたが、昨年のお盆休みに香港に行ったので、その旅行記をしばらくお届けします。

 今回は期限切れ間近だったJALマイルが5500マイルもあったため、何とか有効活用しようと、以前から憧れだったキャセイパシフィック航空(CX)のビジネスクラスの特典航空券をとりました。

関空CXカウンター.JPG

 さて、今回の旅のスタートは関空。泉佐野市内のホテルで前泊して、ホテルの送迎バスで7時過ぎに関空に到着、チェックインを済ませます。夏休みということで朝から混んでることを覚悟していましたが、驚くほどガラガラでした。

まだ開いていない免税店.JPG

 出国審査も待ち時間なくスムーズに終わり、出発ロビーに進みますが、まだ免税店や飲食店は全く空いてません。朝の関空は閑空です。(笑)

出発を待つCX機たち.JPG

 シャトルに乗って搭乗ゲートに移動中に見えたCX機たち。現在関空からCX便は1日4便出ていますが、(2月16日からは1日5便に!)9:20に567便、10:00に503便、11:00に台北(桃園)経由便の565便と午前中のうちに3便が立て続いて出発します。
 そのうち、私が乗るのは一番早い567便です。

ラウンジパシフィック.JPG

 出発までは「ラウンジパシフィック」で過ごします。その名の通り、ここはキャセイパシフィック自前のラウンジです。

 まだ誰もおらず、私が一番乗りです。

ラウンジでの朝食.JPG

 ラウンジで軽く朝食を。アルコールもありますが、朝から飲むのはどうかと思い、ここは控えます。(^^;)以前JALのサクララウンジに入室したときもそうですが、関空のラウンジっていまいちフード類が充実してないんですよね。でも、キャセイの機内食は良いらしいので、ここは機内食に期待して目を瞑りましょう!(笑)

ANAラウンジっぽい内装.JPG

 内装は、何だかANA Lounge(もっというとかつてのSignet)っぽい雰囲気が漂っています。それもそのはず、かつてここはCLUB ANA Loungeだったとか。窓がないので、何となく圧迫感があります。

 時間が経つにつれて、人がぼちぼち入ってきました。やはり午前中に3便も出るだけあるなと思いました。
 これから混んでくることと思っていると、搭乗時間もちょうど近づいてきたので、ラウンジを後にして、搭乗口に向かいます。(つづく)

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。