So-net無料ブログ作成
検索選択

JR四国8600系電車に乗りました! [JR在来線]

 先月23日より営業運転を開始したJR四国の8600系特急型電車。先日松山に行く用事があったので、ついでに乗ってきました。

坂出駅に入線する8600系.JPG

 現在8600系電車が充当されているのは、高松6:00発→松山8:36着の特急「いしづち」103号と松山20:34発→高松22:58着の「いしづち」104号の1往復。

 今回乗車したのは前者の「いしづち」103号。始発の快速「マリンライナー」1号で坂出まで向かい、坂出で乗り継ぎです。

 僅か2分の短い乗り換え時間で、階段を降りたり上ったりして、ホームに辿りつくとすぐに8600系電車が4両で入線してきました。このとき、初めて8600系電車を生で見ましたが、実物は割と良い感じに仕上がっている印象でした。

8600系の座席.JPG

 車内は全車両普通車。座席のカラーは松山方8750形車が愛媛の柑橘をイメージしたオレンジ、高松方8600形車が香川のオリーブをイメージしたグリーンとなっています。

リクライニング時.JPG

 座席は2000系気動車や8000系電車を踏襲した980mm間隔ですが、リクライニング時に座面が連動して前へスライドする方式が採用されており、座席の掛け心地は向上しています。そして従来車と同様、跳ね上げ式フットレストもしっかり備えられています。

 このほか、可動式のヘッドレスト、大型化されたテーブル、各座席の肘掛にAC100Vの電源、背面にはドリンクホルダーが備え付けられるなど、さまざまな機能が追加されました。

LED表示.JPG

 客室出入口の上にあるLED表示器。駅到着時はN700系みたいな表示が出てきます。その代わりに、従来車で流れていた沿線の観光案内、JR四国の企画きっぷの案内などは割愛されていました。

デッキよりドアを.JPG

 客室外もみていきましょう。まずはデッキ。ドアは従来車のようなプラグドアではなく、引き戸になっています。開閉時には「ドアが開きます(閉まります)。」という音声が流れます。

 また、ドアには「しおかぜ」「いしづち」のロゴが描かれており、松山~高松・岡山の運用を限定していることを謳っているようです。(まあ、この先JR四国管内の路線が電化される可能性は極めて低いでしょうけど。。。)

 そして気になるのが、ドア横の開閉ボタン。四国島内の普通列車(一部除く)は常時半自動となりましたが、8600系電車でも長時間停車する際は、この機能が使われるのでしょうか?

8750形車デッキ.JPG

 松山方8750形車後方のデッキ。身障者対応のトイレと男性用小トイレ、洗面台が備えられています。

身障者対応トイレ.JPG

 そして、身障者対応トイレも8000系電車よりもずっと広くなっております。高松方8600形車にも洋式トイレ1か所と男性用小トイレ1か所備えられていますが、2両で合計4か所というのは、やや多すぎな気もします。

運転台.JPG

 運転台は基本的に8000系電車と同じ構造で、高速運転と、万が一の踏切事故時に運転士への被害軽減を兼ねた高運転台となっています。

松山に到着.JPG

 坂出から乗車すること2時間20分あまりで松山にほぼ定刻で到着しました。高松~松山を2時間36分で走り、「いしづち」の中では比較的遅い方ですが、それでもあっという間の初乗車でした!

 早朝の運用にも関わらず、沿線で撮影する人もそれなりにいましたし、駅ホームや対向の上り「しおかぜ」「いしづち」の車内からスマホのカメラで撮る人もいたり、松山から50km手前の今治からはかなりの人数で乗ってきたりと、かなりの注目が集まっている印象でした。

Setouchi Stream Express.JPG

 8750形車の側面には”Setouchi Stream Express SS8000"たるロゴが!そういえば8000系電車も開発時のコンセプトは「瀬戸の疾風」でしたから、この8600系電車もこれを踏襲しているのでしょう。

 夜の運用までお休み.JPG

 松山に到着後、乗客が降りるとすぐに松山運転所に入線し、夜の「いしづち」104号の運用までお休みです。実に丸半日近く昼寝させることになり、勿体ない運用をしている気がしなくもないですが、振り子式の8000系とは混結できないでしょうし、致し方ないのかもしれません。

 2016年3月には量産車10両(グリーン車含む3両×2本、2両×2本)も増備され、岡山発着の特急「しおかぜ」にも充当され、2000系アンパンマン列車を置き換えるとのことです。それまで今後しばらくはこの運用が続くようです。

 ただし、火、水の「いしづち」104号と水、木の「いしづち」103号は検査や試運転の都合で2000系気動車が代走するほか、土休日は原則2両での運転となります。


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 4

サットン

早速乗られましたか。
私は試乗会に応募しましたが、外れたようで。
なかなか個性的なマスクに、JR四国の意気込みを感じます。
シートピッチ、もっとゆとりを持って高速バスと差別化を図ればと
思いますが、短編成である程度のキャパを確保しようすると、
そうもいかないんでしょうかね。
by サットン (2014-07-08 18:44) 

ino-ko

サットンさん
こんにちは、いらっしゃいませ。
試乗会に応募されてたんですね。私は都合が合わず、営業列車で試乗しました。
定員確保の件ですが、量産車増備後の帰省ラッシュに対応できるかが気になるところです。7両中6両が運転台付きのため、着席定員は減りますからね。(現状の8000系や2000系の8両フル編成でも自由席は超満員になりますから。。。)
by ino-ko (2014-07-18 21:35) 

undo

何とももったいない運用ですね。
この時期恒例の高松~多度津間のピストンにでも使用されれば人目を浴びて認知度が増すんでしょうけどね。

昨日は南風→南風リレー号→マリンライナーと乗り継いで高松に出ました。
乗り換えたリレー号は2両で座れもせず、しかも普通なのでマリンに抜かれますとこの距離で何度も乗り換え、面倒くささだけが残ってしまいました。
by undo (2014-07-21 01:27) 

ino-ko

undoさん
こんにちは、いらっしゃいませ。
代走「いしづち」で使用する手もありますが、夏季は節電で8000系電車は5両に減車し(お盆期間は除く)、高松~多度津を気動車に置き換えているくらいですから、やるとしたらお盆以外でしょうね。

南風リレーですが、坂出~高松間は快速じゃなかったんですね。こんな乗継の悪さじゃ、高速バスに軍配が上がる訳ですね。。。
by ino-ko (2014-07-23 21:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。