So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャンボフェリー乗船記(高松東港→神戸港) [船旅]

 5月下旬に「ある列車」に乗りに北へ旅に出たので、その旅行記をお届けしたいと思います。

夜の高松駅.JPG

 まずは、夜の快速マリンライナーで瀬戸大橋を渡り、高松駅までやって来ました。高松から「ジャンボフェリー」で夜間に神戸まで移動するためです。

高松東港ジャンボフェリー乗り場.JPG

 高松駅を深夜24時に出発する無料送迎バスで高松東港まで来ました。ここがジャンボフェリーの発着港です。

乗船券.JPG

 乗船券。現在は片道1,990円となっていますが、それでも高松~神戸の距離を考えると安い!しかもPiTaPaで乗船券を買うと5%OFFとなります。ふっふーん♪

椅子席.JPG

 0時35分ごろから乗船が始まります。とりあえず船内をいろいろみて回ります。こちらは椅子席。リクライニングシートとソファーが配置されています。

カーペット席.JPG

 フェリーお約束の桟敷席もありますが、こちらの方が人気が高く、椅子席(リクライニングシート)で仮眠をとることに。先着順で個室(+¥2,000)へのアップグレードも受け付けているみたいです。

 このほか、金曜夜ということもあって夜行便はかなりの人気で、中には寝袋等を持参して、船内のロビーや廊下で寝るツウもいました!

深夜も開いている売店.JPG

 さらには、夜行便でありながら売店の営業も。四国各地や神戸の銘菓、讃岐うどんが販売されてたほか、DVDプレーヤー、ソフト、寝具レンタルもやっていました。

夜食にうどん.JPG

 で、真夜中に食べるのは体に良くないと分かりつつも、かけうどんを食べました。

もうすぐ神戸.JPG

 結局そんなに寝たという実感がなく、出港から3時間半ほどたったところで神戸の街が見えてきました。

車両甲板.JPG

 デッキから見る車両甲板。ロングコンテナが結構積まれているほか、思ったよりマイカーの利用も観られました。コンテナたちは神戸港からまたどっか海外へと長ーい船旅に出るんでしょうね。



 ジャンボフェリーといえば、このテーマ曲。神戸港到着前に船内に大音量(?)で流れ、結構脳裏に焼き付いてしまいます。(^^;)

神戸港に到着.JPG

 定刻から10分少々遅れて、神戸港三宮第三突堤に接岸。ここから三ノ宮駅までは連絡バスもありますが、運賃¥200をケチって歩いていきました。(^^;)


nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

コメント 4

サットン

名曲「二人を結ぶジャンボフェリー」、私も乗る度に耳に染み付いて・・・・。1週間ぐらいはことあるごとに頭の中をグルグル回っていました。完全な洗脳行為ですね。
でも、CMソングとしては歌詞も曲も秀逸だと思います。
by サットン (2014-08-01 10:55) 

ino-ko

サットンさん
こんにちは、いらっしゃいませ。
いつまでも記憶に残るこの曲、CМ曲としては抜群にいいでしょうね。高松―関西は特に高速バス、マイカーとの競争が熾烈で、少しでもユーザーを増やそうとするジャンボフェリーの経営努力(?)も背景にあるのでしょうね。

他にも高松―宇野を結ぶ四国フェリーも出港時と到着時に「四国フェリー社歌」が流れたりしています。

by ino-ko (2014-08-03 12:46) 

undo

3時間半で神戸まで。ちょうどいい時間にも思いますが、深夜便ならもう少し寝たいところですね。
ただ1940円で移動できるのは魅力的ですね
by undo (2014-08-09 08:26) 

ino-ko

undoさん
こんにちは、いらっしゃいませ。
短距離でも夜間に移動できるのは大変便利ですが、6時や7時まで船内休憩できるとありがたいのに、と思います。
今は片道1,990円ですが、高速バスとの共通利用回数券など、割引も充実しているので、安さは魅力に感じます。
by ino-ko (2014-08-20 12:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。