So-net無料ブログ作成

JAL2151便搭乗記(大阪伊丹→青森) [JAL]

 前回のつづき。神戸港三ノ宮第三突堤までジャンボフェリーを下船した後、徒歩で三ノ宮駅まで移動。そこから始発のリムジンバスで伊丹空港まで向かいます。

伊丹の穴場・オアシス.JPG

 伊丹に着いたらまずは朝食。久しぶりに伊丹空港の穴場・オアシスで食べることにしました。

豚汁定食.JPG

 朝ごはんに豚汁定食。これで¥400!巷のファストフードで食べるよりこちらの方がボリュームもありますし、健康的ですね!

 オアシスで朝食を摂った後は、ラウンジオーサカに入室し、朝刊読みながらコーヒーをいただき、制限区域内へ入りました。

エンブラエル170.JPG

2014.05.24(Sat) JAL2151 大阪伊丹08:00→09:25青森 機種:EMBRAER170 (JA224J)

 この便はJ-AIRの機材・クルーでの運航。2010年に破たんしたJALの再生の切り札(?)として導入されたブラジル製のエンブラエル170に乗るのは初めてです。

 なお、この日は本来使用予定だった機体の自動操縦装置に不具合があったようで、急きょ代替機を手配。そのため、出発が30分遅れとなりました。

 これだったら、始発の「のぞみ」で新大阪、新大阪からリムジンバスというルートでも間に合ってたかもしれませんね。でも、旅にはトラブルがつきもの。余裕をもって行動するのが無難ですね。

関西の水がめ・琵琶湖.JPG

 さて、飛行機は離陸して一路青森へ。ベルトサインが消えると左手には関西の水がめ・琵琶湖が見えます。

E170の機内.JPG

 E170の機内。2-2配置ですが、横幅は広くとられています。座席にはオーディオはありませんが、革張りとなっています。

足元はゆったり.JPG

 足元も割とすっきりしていて快適です!

南アルプスの山々を横断.JPG

 フライトの中盤には南アルプスを横断し、日本海側へ針路をとります。

東北クーポンBOOKとフライトマップ.JPG

 機内でもらった東北クーポンBOOKとJ-AIRオリジナルのフライトマップ。この後使えるかと思いきや、結局クーポンBOOKは使いませんでした。(^^;)

青森に到着.JPG

 結局30分を引きずったまま、青森空港に着陸しました。E170はリージョナルジェット機でありながら、ボーディングブリッジとの接続が可能です。

 青森空港に降り立つと至るところに、ANA便就航ののぼりが。7月よりANAが伊丹―青森、青森―札幌にボンバルディアDHC8-Q400で就航しました。ANAユーザーには勿論朗報ですが、JALユーザーにもメリットが。これまでJAL独占で先得も高めに設定されていましたが、ANAの参入で、先得も値下がりしました。

 話はそれましたが、青森空港からはレンタカーを借り、この後は一人ドライブを楽しみます。(続く)

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。