So-net無料ブログ作成
検索選択

寝台特急「あけぼの」乗車記(上野→青森)(その1) [夜行列車]

 今日で3月が終わり、いよいよ明日から新年度ですね。気づけば、3月は今まで全然更新してませんでした(笑)

 さて、半年前になりますが、9月下旬に寝台特急「あけぼの」に乗って来たのでその乗車記をお届けします。

上野駅地上ホーム.JPG

 旅のスタートは上野地上ホーム13番線。夜になると閑散としています。



 当初の予定時刻より若干遅れて、寝台特急「あけぼの」が尾久客車区より入線してきます。

 上野駅地上ホームは行き止まり式で機回しもできない構造のため、最後尾の機関車が客車をプッシュして進む、いわゆる推進運転で入ってきます。

 通常の推進運転だと25㎞/h制限がかかりますが、先頭の客車に非常用のブレーキ弁を備えて信号等確認の運転士を乗務させ、機関士と無線のやり取りを行うことで、45㎞/hまで制限が緩和されます。

EF64形機関車.JPG

 先頭はEF64形電気機関車。一時期はEF81形機関車が上野~青森を通しで牽引したこともあったようですが、上越の山越えには力不足だったようで、上野~長岡はEF64形が牽引しています。

24系25形客車.JPG

 客車は24系と24系25形の混結編成。白帯が24系、金帯が24系25形です。上野より最後尾は「レディースゴロンとシート」車で、殿方はお断りです(笑)

発車前のひと時.JPG

 発車前のひと時。同業者をはじめ、いろんなお客さんが乗車前にいろいろ撮影されていました。

 新幹線や飛行機、さらには格安の夜行バスといろんな競合相手が出てくる中でも、「あけぼの」は首都圏と庄内、秋田、津軽地方とを結ぶ足として、一定の支持を得ているようです。

いざ、青森へ!.JPG

 発車前にいろいろ撮影をしているうちに、発車の時間となりました。これより12時間半の夜汽車の旅が始まります。(つづく)

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。