So-net無料ブログ作成
検索選択

水の都・西条まち歩き [観光]

 GWの帰省時に、伊予西条駅で途中下車した話も今回で最後。

 西条市街には川沿いに「アクアトピア」という散策ルートが整備されているので、ゆっくり散策してきました。

アクアトピア・モニュメント.JPG

 JR伊予西条駅を出て左折し、通り沿いに10分ほど西に歩くと、アクアトピアのモニュメントがあります。

観音水の泉.JPG

 そこから少し川を上ると、観音水の泉があり、ここが西条市街を流れる新町川、本陣川の源流となります。

ほたるの里.JPG

 川沿いに下り、住宅地に入ると、「ほたるの里」に。川沿いには緑が生い茂っており、毎年この時期(5月下旬~6月)にはホタルが飛んでいるんでしょうね。

陣屋跡前の堀.JPG

 西条陣屋跡前並びに西条高校前のお堀。ツツジが綺麗に咲いていました。前回紹介したカツ丼のお店「ごかく」さんからも近いです。

優雅に泳ぐ鯉.JPG

 お堀では大きなコイが群れをなして優雅に泳いでいました。

うちぬき広場.JPG

 陣屋跡のお堀から歩いてすぐのところにある、「うちぬき広場」。ここ以外にも市内の至るところで水が湧き出ており、ペットボトルなどに入れて持ち帰る方も多数いらっしゃいました。

弘法水.JPG

 さらに川を下って河口付近には「弘法水」と呼ばれる自噴水が。海水と淡水が混じっているのに、ここからは全然しょっぱくない真水が湧き出ています。

だんじりと遭遇.JPG

 市内を歩いていると、だんじりという山車に遭遇。どうやらこの日(5月3日)は西条市の地方祭だったようです。

C57-44@西条市民公園.JPG

 散策ルートから外れて西条市民公園へ。ここに蒸気機関車・C57-44号機が静態保存されています。これが前々回ふれた四国鉄道文化館に14年春ごろにオープン予定の南館に展示されるとのことです。

 普段は速足の私ですが、気づけば昼食時間も含めて、実に4時間近くかけてゆっくり歩きました。今回このアクアトピアを歩いたのは3度目ですが、何度でも行ってみたいと思える場所でやはりきれいな水辺には癒されますね。(^^)

 今後拡張が予定される四国鉄道文化館とあわせて、水辺の散策を楽しむのもおすすめです。

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カツ丼市場・ごかく [ご当地グルメ]

 西条でのお昼ご飯はカツ丼市場・ごかくで。

カツ丼市場・ごかく.JPG

 西条市街中心地、市役所や西条高校の近くにあるお店です。市内を街歩きしていて偶然発見しましたが、なんだか廃屋みたいな外観であやうく見逃すとこでした(^^;)

細長い店内.JPG

中は細長く、10人入ればもう一杯。狭い厨房でおばちゃん2~3名でせっせとお店を切り盛りされていました。

メニュー表.JPG

カツ丼以外にもうどんなどのサイドメニューもありますが、カツ丼の専門店として、カツ丼に力を入れているようです。

ベーシックなカツ丼.JPG

 今回頼んだのはベーシックな「とんかつ丼(基本型)」、¥550なり。

 いわゆる普通盛ってやつですが、カツも大きく、結構なボリュームがありました。カツの卵とじにはのりがかかっており、いい匂い。まずまずのお味であっという間に平らげてしまいました。

 今度はチーズやキムチのせも味わってみたいですね。 

<Information>ごかく 西条店

住所:愛媛県西条市本町1-9

TEL:0897-53-8513

営業時間:11:30~20:00

定休日:月曜日

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鉄道歴史パーク in SAIJO(その2) [鉄道系博物館・イベント]

 前回紹介した四国鉄道文化館に隣接しているのが、十河信二(そごうしんじ)記念館。

十河信二記念館.JPG

 十河信二先生とは、現在の西条市生まれで西条市長を務めたのちに、第4代国鉄総裁を務め、東海道新幹線建設に大きく関与された一人で、「新幹線生みの親」とも言われています。

十河信二像.JPG

 記念館前に建てられた十河先生の石像。

十河先生の遺品.JPG

 館内には十河先生の遺品の数々が展示されています。

十河先生の御言葉.JPG

 そして、十河先生の数々の御言葉。座右の銘は「有法子」、中国語で「為せば成る」という意味です。他にも国鉄総裁を退任した際には、「老兵の 消えて跡泣き 夏野かな」という句を詠んでいます。

 十河先生は東海道新幹線の開業をみることなく、国鉄総裁を退任してしまいましたが、実にすばらしい経営者の一人だったと思います。

今も残る給水塔.JPG

 さて、鉄道歴史パーク構内からは伊予西条駅構内が一望できます。架線で見えにくいですが、伊予西条駅にはSLが走っていたころの給水塔も残っており、予讃線が開通した当時から鉄道の一拠点だったことをうかがわせます。

伊予西条駅構内と南館予定地.JPG

 そして、前回触れた南館の予定地。まだ情報は多くはないですが、今後の拡張が楽しみです。


<Infomation>鉄道歴史パーク in SAIJO

住所:〒793-0330 愛媛県西条市大町798番地1

TEL:0897-47-3575 FAX:0897-53-6200

URL:http://www.city.saijo.ehime.jp/

営業時間: AM8:00~PM7:00 休館日:水曜日

入場料: 大人¥300 小人¥100

アクセス:JR予讃線伊予西条駅下車すぐ。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鉄道歴史パーク in SAIJO(その1) [鉄道系博物館・イベント]

 今年のGW4連休は実家でおとなしく(?)過ごしています。

8000系特急「いしづち」.JPG

いつもだったら、特急「しおかぜ」「いしづち」でそのまま松山へ直行していますが、今回は途中の伊予西条で途中下車します。

伊予西条駅のうちぬき.JPG

 愛媛県西条市は水の都で、環境省の名水百選にも選ばれた「うちぬき」という自噴水が市内至るところで湧き出ており、伊予西条駅のホームにも自噴水が湧いています。

四国鉄道文化館.JPG

 伊予西条駅の東に隣接しているのが、四国鉄道文化館・十河信二記念館・観光交流センターが一体となった「鉄道歴史パークinSAIJO」があります。

 今回はその中でもメインの四国鉄道文化館を紹介しましょう。

0系新幹線とDF50型機関車.JPG

 鉄道系の博物館にしては珍しく土足厳禁で備え付けのスリッパに履き替えて中に入ると、0系新幹線(21-141号車)のカットモデルとDF50型電気式ディーゼル機関車の1号機が目に飛び込んできます。

 0系は2000年に廃車となったものをJR西日本より譲渡されたもの、DF50は多度津工場で動態保存されていたものをそれぞれ持ってきたということです。(でも、せっかく動ける状態のDF50をここで静態保存するのももったいないような・・・)

0系車内.JPG

 0系の車内。2-3配置のリクライニングシートが並んでいます。液晶モニターも設置されていて、館内に車両を搬入する際の映像が放映されていました。

0系運転台.JPG

 そして、運転台にも入れます。わんぱくな子どもたちがいない隙を狙って撮影&運転台にすわってみました。(^^;)

DF50運転台.JPG

 DF50の運転台。こちらは人気があまりなかったようで、あっさり撮影&着席出来ました。

タブレットとキャッチャー.JPG

 DF50が現役の頃に多用されていたであろう、タブレットキャッチャーもしっかり残っていました。

懐かしのサボ・ヘッドマーク.JPG

 他にも懐かしのサボ、特急ヘッドマークやら、

鉄道模型のジオラマ.JPG

 鉄道系博物館お約束の鉄道模型のジオラマなどが展示されていました。

 保存車両1.5両、その他諸々の展示物で、ぶっちゃけ物足りない感は否めませんでしたが、どうやら伊予西条駅南側にも新たに別館を造るようです。館内で鉄道少年たちが話しているのを聞いて初めて知りました(爆)

 その話、どうやら本当のようで、4両ほど車両展示が可能な南館を新たに増設予定で、2014年春の完成を目指しているとんだか。そのうち、1両は西条市民公園に保存されているC57-44号機の展示が既に決定しているようです。

 となると、また来年春以降に機会を見つけて再訪してみないと。今後の情報が気になるところです。(つづく)

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。