So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年1月台湾旅行記(その11)―NH1186便搭乗記(TSA→HND)― [ANA]

 前回のつづき。ラウンジで寛いで、いよいよ帰国便に登場します。

ANAのB767-300ER(TSAにて).JPG

2013.01.14(Mon) NH1186 TSA13:45→17:45HND 機種:B767-300ER(JA604A)

 この日は首都圏での大雪に伴い、羽田に着陸できない場合は、関空もしくはセントレアにダイバードという条件付きでの運航でした。

旧称CLUB ANA Asiaの座席.JPG

 復路は往路と同じB767でも機内仕様は違って、旧称CLUB ANA Asiaの座席でした。中距離便でのナイトフライトではきついという声も聞きますが、3~4時間程度のフライトなら遜色ないでしょう!
 ライバル社では2-2-2配置を踏襲しているのに対して、こちらは2-1-2配置ですし。私は写真の通り、真ん中の1人席を指定しました。

帰りもシャンパン.JPG

 台北上空は気流もよかったようで、離陸して5分もしないうちにベルトサインが消え、機内サービスがスタート。復路でもまずはシャンパンをいただきます。

 このとき観ていたのは「ガイアの夜明け」。日本初の女性パイロット誕生のドキュメンタリーでした。2013年秋には堀北真希主演の「ミス・パイロット」も観ましたが、旅客機のパイロットになるには男女関係なく、とても厳しい試練が待ってるんですね。

機内食(洋食).JPG

 機内食は洋食をチョイス。メインはシーフード(タラ、エビ)グリルのバジルソースあえでした。海外発の洋食は美味しいという法則はウソじゃないですね(^^)

遠州灘上空をぐるぐる.JPG

 追い風に乗って順調に飛んでいた搭乗機も上空待機の指示が入り、遠州灘沖でぐるぐる旋回します。同時に機長からアナウンスで羽田の状況も伝えられます。

 どうなるかヤキモキしましたが、羽田への着陸が決定。この間遠州灘上空を2周しました。(^^;)

大雪の羽田に到着.JPG

 なんだかんだで大雪の羽田に無事に着陸しました。着陸後ゆーーっくりとタキシングして、国際線ターミナルにスポットインしたのは定刻より20分ほど遅れての18時過ぎでした。

 これで岡山へ今日中に帰れそうだな、と思ったら機内アナウンスで「本日国内線は全便欠航しています。」とのこと!「早く言ってくれよ~」、って感じでしたがよくよく考えれば、大雪で滑走路も一時閉鎖されていたのだから無理もないですね(^^;)

 とりあえず飛行機を降り、入国審査を出て、ANAが手配してくれた品川ホテルに1泊して翌朝の始発便で岡山に帰りました。
 
 この台湾旅行から帰ってしばらくすると、エバー航空による岡山―台北(桃園)便が開設される、というニュースが飛び込んできました。2013年夏季のみの定期運航で、水土の週2便でしたが、搭乗率は77%とかなり良好な数値だったようで、ひとまず今後は通年運航を目指してほしいところですね。

 今度台湾へ行く際は岡山空港から、そして台北以外のスポットも訪れてみたいと思います。

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年1月台湾旅行記(その10)―台北松山空港AIRLINE VIP LOUNGE― [空港探訪]

 あっという間の台北旅行も終えて帰国の途につきます。滞在時間は決して長くはなかったものの、台北の主なみどころは一通り見ることができたのも、松山空港の恩恵といっても過言ではないでしょう。

 ほかにも、いろいろ台湾を満喫したい気持ちはありますが、それは次回のお楽しみに、ということで。

台北松山空港 ANAカウンター.JPG

 フライトは13:45発の便。12時過ぎに空港に到着し、チェックインを済ませます。

AIRLINE VIP LOOUNGE.JPG

 免税店でお土産を買ってから、ラウンジへ向かいます。松山空港には共用のラウンジと復興航空所有のラウンジと2つありますが、指定されたのは共用ラウンジのAIRLINE VIP LOUNGE(航空公司貴賓室)。余談ですが、中国本土では縁起の悪い「全日空」という文字もあります。(笑)

ラウンジ内.JPG

 ラウンジ内。羽田に比べると狭いですが、それでもゆったりソファでくつろげます。日本の新聞雑誌もありますので退屈もしません。

搭乗前の昼食.JPG

 ラウンジの食べ物はそこそこ充実しています。特に飲茶があるのは台湾っぽくていいですね♪飛行機に乗れば機内食が出るのは分かっていてもついつい手が出ちゃいます。(^^;)

 ラウンジで1時間弱ゆったり過ごし、搭乗時間が迫って来たところでラウンジを後にします。(つづく)


2013年1月台湾旅行記(その9)―中正紀念堂― [台湾]

 しばらく更新が途絶えていた台湾旅行記も再開します。気づけば2013年もあと少しでお終いですね。何とか年内に完結させないと。。。


 台北で最後に訪れたスポットは中正記念堂。中正とは中華民国の元統帥・蒋介石のことで、1980年に蒋介石を忍んで建てられました。

正門.JPG

 中正紀念堂は総統府や二二八和平公園からすぐ近くで、高さ30m、幅80mもある白い正門が目印です。

中正紀念堂.JPG

 そして高さ70mもある巨大な中正紀念堂。ただ、残念ながら改修工事中で一部カバーがかかった状態でした。。。

紀念堂内部.JPG

 中は資料館になっています。

生前の愛車.JPG

 生前の愛車。カッコいいし、乗り心地もよさそうですね。

書斎・応接間のモデル.JPG

 書斎&応接間を復元したスペース。こんなゆったりした空間で仕事したいですわ(笑)

広大な敷地.JPG

 紀念堂からみた敷地内。向かって左が国家戯激院、右が国家音楽庁。それにしても広い。

 今回の旅は駆け足で台北の主な見どころを一通り回った感じでしたが、それなりに楽しめました。そんなこんだで、昼前には観光も終えて、MRTで松山空港に向かいます。(つづく)

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。