So-net無料ブログ作成
検索選択
ご当地グルメ ブログトップ
前の5件 | -

十和田バラ焼き@奥入瀬ガーデン [ご当地グルメ]

 前回の記事から1か月以上たってしまいましたが、5月下旬の旅行記を再開します。

 青森空港からレンタカーでアップダウン、カーブの激しい山道を走ること約1時間20分。

渓流の駅おいらせ.JPG

 目指すは奥入瀬渓流とその先の十和田湖。ちょうど奥入瀬渓流の入り口に「渓流の駅おいらせ」があったのでお昼休憩で立ち寄りました。

バラ焼きランチ.JPG

 ここの地下1Fにあるレストラン「奥入瀬ガーデン」でバラ焼きランチをいただきます。地元の食材をふんだんに使ったビュッフェにバラ焼きがセットで1,600円とは安い!因みにビュッフェだけでも1,100円、これに追加料金を払ってバラ焼き以外にもせんべい汁やヒメマスの塩焼きを加えることも可能です。

十和田バラ焼き.JPG

 メインのバラ焼き。下味をつけた牛バラ肉と玉ねぎを鉄板で焼いたもの。甘辛いタレが美味しく、ビールに合いそうですが、飲酒運転になるので我慢我慢。

清流・奥入瀬川.JPG

 お昼ご飯をたらふく食べてすっかり満腹状態。食後のコーヒーをいただいた後は少しだけ奥入瀬川沿いを散策。ここは奥入瀬渓流でも最下流部にあたりますが、流れる川も緑も綺麗で心が癒されます。

 1時間ほどお昼休憩をしてから、再びレンタカーで十和田湖を目指します。(つづく)


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

そば工房玄・牛乳味噌カレーラーメン [ご当地グルメ]

 更新が3週間くらい途絶えてしまいましたが、去年9月に訪れた青森で食べたものをもう1回紹介。

アスパム青森.JPG

 と、その前にせっかく青森に来たなら観光をしようということで、アスパム青森へ。青森駅から徒歩5分くらいのとこにあります。

アスパム1F.JPG

 1Fは土産物屋、2Fがレストランなどが入居しています。

アスパム13F展望台からの眺め.JPG

 13Fの展望デッキからの眺め。目の前には八甲田丸も。以前訪れたときに比べて随分きれいになりました。

そば工房玄.JPG

 さて、昼食に訪れたのが、「そば工房 玄」。ここは日本そばのお店でありますが、

お目当てはこれ!.JPG

 今回のお目当ては、「牛乳味噌カレーラーメン」(名前長っ(^^;))。

牛乳味噌カレーラーメン.JPG

 ということで頼んでみました。写真と違って載っている具がやや沈んでいるのはご愛嬌。

 食べてみると、カレーのスパイシーさは感じられつつも、牛乳で幾分かまろやかな感じに仕上げられている感じがしました。これはこれでなかなか美味しかったと思います。

リンゴぎょうざ.JPG

 一緒に頼んだのがりんご餃子。青森県産のふじりんごを使っているとのこと。普通の餃子にどこかしらリンゴの酸味が効いているような、そんな味でした。

 今回は土日だけでの旅行で、青森での滞在時間は僅かでしたが、青森のグルメをたらふく楽しめました。

 まだ乗っていない夜行急行「はまなす」にも乗ろうと思っているので、少なくとももう1回青森に立ち寄れるかと思います。

 さて、この後は青森空港から途中羽田でJAL便を乗り継いで岡山まで帰りました。

<Information>そば工房 玄

住所:青森県青森市新町1丁目12-12

TEL:017-723-3977

営業時間: 11:00~14:00 17:00~21:00(L.O:21:30)


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

古川市場「のっけ丼」 [ご当地グルメ]

 今回の青森での滞在は僅か4時間ほど。これまで青森には3度降り立っていますが、全然青森のグルメを味わっていなかったので、今回はご当地グルメに的を絞って青森観光です。

青森魚菜センター.JPG

 まず向かったのが、青森市民の台所、青森魚菜センター(古川市場)。

のっけ丼.JPG

 ここで、「のっけ丼」たる海鮮丼をいただきます。釧路・和商市場の「勝手丼」と同じく、ご飯片手にいろいろお店を回ってネタを買い、オリジナルの海鮮丼をつくるものです。

 のっけ丼は最初に¥1,000分(¥100×10枚)のチケットを買い、そのチケットでご飯や汁物、ご飯に載せるネタを買います。

 市場内.JPG

 市場内は魚介類をメインに、青果類もあり、どれも新鮮かつ格安です!

お店に並ぶネタ.JPG

 ご飯に載っけるネタはお店ごとに種類が豊富で、¥100~¥200で提供されています。

ino-koオリジナルのっけ丼.JPG

 チケット¥1,000分使い切って出来上がった、私ino-koオリジナルののっけ丼。市場内の休憩所で美味しくいただきました。

 見栄えは良いとは言えませんが、いろいろお店を回り、お店の人と喋りながら載っけてもらうのも楽しいものです。


<Information>青森魚菜センター

〒030-0862青森市古川1-11-16

TEL:017-777-1367

●定休日:火曜日 (※年始1月1日,2日はお休み)

URL:http://www.aomori-ichiba.com/nokkedon/index.html

カツ丼市場・ごかく [ご当地グルメ]

 西条でのお昼ご飯はカツ丼市場・ごかくで。

カツ丼市場・ごかく.JPG

 西条市街中心地、市役所や西条高校の近くにあるお店です。市内を街歩きしていて偶然発見しましたが、なんだか廃屋みたいな外観であやうく見逃すとこでした(^^;)

細長い店内.JPG

中は細長く、10人入ればもう一杯。狭い厨房でおばちゃん2~3名でせっせとお店を切り盛りされていました。

メニュー表.JPG

カツ丼以外にもうどんなどのサイドメニューもありますが、カツ丼の専門店として、カツ丼に力を入れているようです。

ベーシックなカツ丼.JPG

 今回頼んだのはベーシックな「とんかつ丼(基本型)」、¥550なり。

 いわゆる普通盛ってやつですが、カツも大きく、結構なボリュームがありました。カツの卵とじにはのりがかかっており、いい匂い。まずまずのお味であっという間に平らげてしまいました。

 今度はチーズやキムチのせも味わってみたいですね。 

<Information>ごかく 西条店

住所:愛媛県西条市本町1-9

TEL:0897-53-8513

営業時間:11:30~20:00

定休日:月曜日

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

酒楽彩々ほうりょう [ご当地グルメ]

 三沢での夕食はホテル近くの居酒屋「酒楽彩々ほうりょう」で。

酒楽彩々ほうりょう.JPG

 この日はクリスマスイブ。今回も一人寂しく迎えた訳ですが(苦笑)、まあ旅先で一人酒を飲んで過ごす、ってのも独身のうちにしか味わえませんね(^^;)

お通しと食前酒.JPG

 まずは食前酒とお通し。

ばくらい.JPG

 つづいてとりビー(≒とりあえずビールへろーめさん命名!)、おつまみにばくらいを。ばくらいとはほやの塩辛だそうです。

海鮮バクダン.JPG

 つづいてやって来たのが、海鮮バクダン。何のこっちゃと思いつつ、名前に魅かれてとりあえず頼んでみたら、海鮮と納豆を混ぜたものを海苔に巻いて食べるものでした。

海苔に海鮮と納豆を巻いて.JPG

 こんな風にして食べました。これで合っていると思います(たぶん・・・(^^;))

八仙とじゃが明太子バター.JPG

 ビールも飲み干したので、お替りを。青森の地酒をと思い、数ある中で、八仙を。酒に弱い私には、甘口のほうが合います(^^;)

 おつまみは新ジャガ明太子バターを。ほくほくのジャガイモに明太子マヨネーズ、相性良いですね~。

しまほっけ焼き.JPG

 さらにさらにしまほっけ焼きを。脂がのっていて美味かったです(^^)

 そろそろご飯もので締めたいところ。三沢の新名物であるこれを頼んでみました↓

三沢新名物・ほっき丼.JPG

 三沢の新名物として、いろんなお店が力を入れているのが、ほっき丼。ほっではなくて、ほっ貝を使った丼ものです。(笑)

ほっけ丼.JPG

 ここ、ほうりょうのほっき丼は、山芋と炒めたほっきに温泉玉子を割ってかき混ぜて食べるものです。店によって、ほっき丼の出し方も異なっているようです。(三沢さんのほっきを使うことだけしか、ルールは決まってないようです。)

 このほっき丼、甘すぎず、辛すぎず程よい味つけで、そこに温玉と山芋が入っていてマイルド味わいでした。ほっきのぷりぷりっとした食感も最高でした。あと、魚のアラ汁も出汁が効いててあっさりして、締めにピッタリでした。

 こんだけ一人で飲み食いすれば、お腹もいっぱい、いい感じに酔いました。どれも大変美味しくいただきました!

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - ご当地グルメ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。