So-net無料ブログ作成
検索選択

超久しぶりのANAプレミアムクラス [ANA]

 先日上京する際に超久しぶりにANAのプレミアムクラスに乗ってみました。2011年12月にB787に初搭乗したとき以来、約2年半ぶりです。そのときの搭乗記はこちらこちら

ANA Lounge@岡山空港.JPG

 まずは岡山空港でアップグレード手続きし、ANAラウンジへ。お昼出発の便ということもあってか、思ってたよりずっと空いていました。

ラウンジで駆けつけ1杯!.JPG

 まずはビールとおつまみで駆けつけ1杯やります(笑)

B767-300(JA8589).JPG

2014.05.17(Sat) 岡山12:15→13:35東京羽田 機種:B767-300(JA8589)

 この日の搭乗機はごくごくありきたりなB767でした。

従来型の座席.JPG

 座席は従来と同じ2-1-2配置のシートですが、枕カバーは白い布製のものから黒い革製のものに替わっています(普通席と共通)。今回は窓側(1K)が空いていたので、そこを指定してもらいました。

明石海峡大橋.JPG

 飛行機は岡山空港を離陸し、安定飛行に達したころは明石上空。写りはイマイチですが、明石海峡大橋も見えます。

昼食①.JPG

 ベルトサインが消灯するとすぐに機内サービスが始まります。手際よく、おしぼり、機内食、お味噌汁が配られます。

昼食②.JPG

 機内食はご飯ものとおかずとで二重になっています。以前よりはボリュームは増えましたね。

お品書き.JPG

 機内食のお品書き。岡山空港発の機内食は以前と変わらず、駅弁でお馴染みの三好野本店が調製されています。

スパークリングワイン.JPG

 飲み物はシャンパン、ではなくスパークリングワインを。シャンパンは2012年のサービス改定時になくなったみたいですね。

羽田に到着.JPG

 飛行機は順調に飛び続け、定刻より5分ほど早く羽田空港にスポットイン。

 プレミアムクラスですが、以前は+¥7,000のアップグレード料金だったのが、ラウンジ拡充、さらには消費増税で+¥8,250にまで跳ね上がり、JAL国内線のファーストクラスよりも高くなってしまいました。

 出発前のラウンジ、1時間ちょっとのフライトで価格に見合うかといえば、正直微妙なところですが、たまに乗ってみるのも良いですね。ヒコーキはもっと楽しまないと。


nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年1月台湾旅行記(その11)―NH1186便搭乗記(TSA→HND)― [ANA]

 前回のつづき。ラウンジで寛いで、いよいよ帰国便に登場します。

ANAのB767-300ER(TSAにて).JPG

2013.01.14(Mon) NH1186 TSA13:45→17:45HND 機種:B767-300ER(JA604A)

 この日は首都圏での大雪に伴い、羽田に着陸できない場合は、関空もしくはセントレアにダイバードという条件付きでの運航でした。

旧称CLUB ANA Asiaの座席.JPG

 復路は往路と同じB767でも機内仕様は違って、旧称CLUB ANA Asiaの座席でした。中距離便でのナイトフライトではきついという声も聞きますが、3~4時間程度のフライトなら遜色ないでしょう!
 ライバル社では2-2-2配置を踏襲しているのに対して、こちらは2-1-2配置ですし。私は写真の通り、真ん中の1人席を指定しました。

帰りもシャンパン.JPG

 台北上空は気流もよかったようで、離陸して5分もしないうちにベルトサインが消え、機内サービスがスタート。復路でもまずはシャンパンをいただきます。

 このとき観ていたのは「ガイアの夜明け」。日本初の女性パイロット誕生のドキュメンタリーでした。2013年秋には堀北真希主演の「ミス・パイロット」も観ましたが、旅客機のパイロットになるには男女関係なく、とても厳しい試練が待ってるんですね。

機内食(洋食).JPG

 機内食は洋食をチョイス。メインはシーフード(タラ、エビ)グリルのバジルソースあえでした。海外発の洋食は美味しいという法則はウソじゃないですね(^^)

遠州灘上空をぐるぐる.JPG

 追い風に乗って順調に飛んでいた搭乗機も上空待機の指示が入り、遠州灘沖でぐるぐる旋回します。同時に機長からアナウンスで羽田の状況も伝えられます。

 どうなるかヤキモキしましたが、羽田への着陸が決定。この間遠州灘上空を2周しました。(^^;)

大雪の羽田に到着.JPG

 なんだかんだで大雪の羽田に無事に着陸しました。着陸後ゆーーっくりとタキシングして、国際線ターミナルにスポットインしたのは定刻より20分ほど遅れての18時過ぎでした。

 これで岡山へ今日中に帰れそうだな、と思ったら機内アナウンスで「本日国内線は全便欠航しています。」とのこと!「早く言ってくれよ~」、って感じでしたがよくよく考えれば、大雪で滑走路も一時閉鎖されていたのだから無理もないですね(^^;)

 とりあえず飛行機を降り、入国審査を出て、ANAが手配してくれた品川ホテルに1泊して翌朝の始発便で岡山に帰りました。
 
 この台湾旅行から帰ってしばらくすると、エバー航空による岡山―台北(桃園)便が開設される、というニュースが飛び込んできました。2013年夏季のみの定期運航で、水土の週2便でしたが、搭乗率は77%とかなり良好な数値だったようで、ひとまず今後は通年運航を目指してほしいところですね。

 今度台湾へ行く際は岡山空港から、そして台北以外のスポットも訪れてみたいと思います。

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年1月台湾旅行記(その2)―NH1187便搭乗記(HND→TSA)― [ANA]

 前回のつづき。ANAラウンジで寛いでいたら、搭乗案内のアナウンスが流れたので搭乗口へ向かいます。

新造機B767-300ER.JPG

2013.01.12 NH1187 東京羽田(HND)12:40→15:50台北松山(TSA) 機種:B767-300ER(JA624A)

 特典航空券を予約した時点では機種は従来仕様のB767-300ERでしたが、いつの間にか、ウイングレッド付きの新造機B767-300ERに機種変更となっていました。

ANA Business CRADLE.JPG

 ということで、座席は”ANA BUSINESS CRADLE”でした!\(^o^)/ 
 B787のプレミアムクラスでも同じシートを採用していますが、ホールド感が実によくて、快適そのもの。これなら4時間のフライトは文句なしです!

ビジネスクラスキャビン.JPG

 3連休初日の午後便とはいえ、ビジネスクラスはほぼ埋まっていました。

おつまみとシャンパン.JPG

 水平飛行に入ったところで、機内サービスが始まります。まずはおつまみと食前酒。もちろん(?)シャンパンを頼みましたが、短距離では国内線プレミアムクラスと同じく、クオーターボトルで配れるんですね。まあ、サスガにプラコップではありませんでしたが。(^^;)

和食をチョイス.JPG

 しばらくして、機内食が配られます。4時間のフライトとはいえ、国際線では短い部類に入るためなのか、ワンプレートで配られます。

 往路は和食をチョイス。主菜は鰆の幽庵焼、ご飯は鮭ご飯でした。

食後の紅茶.JPG

 食後には紅茶をいただきました。

 安定飛行に移ってから「踊る大捜査線」を見てましたが、食後の眠気に襲われ、途中見逃した部分も(^^;)

雨の台北に到着.JPG

 飛行機は順調に飛び続け、定刻よりも若干早く、台北・松山空港に着きました。到着日は雨でしたが、とにかく温かい!というのが最初の印象でした。

 飛行機を降り、入国審査を通過したら、台北での滞在が始まります。(つづく)
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年1月台湾旅行記(その1)―羽田空港国際線ANAラウンジ― [ANA]

 半年前になりましたが、今年1月3連休の台湾旅行記を。

 今年4月より我がホームグラウンド、岡山空港からエバー航空による台北・桃園国際空港への直行便が水曜土曜の週2便で就航しました。

 この時点ではまだなかったので、ANAのビジネスクラス特典航空券を予約し、あえて羽田を経由して台北・松山へ向かうことに。

羽田空港国際線ANA Lounge入口.JPG

 さて、岡山から羽田までの搭乗記は割愛しまして、羽田での乗継時間はANA Lounge(もちろん国際線ターミナルの方)で過ごします。

ギャラリー.JPG 

 中に入ると、飛行機の模型のギャラリーが。余談ですが、この2013年度をもってとうとうANAからもB747-400Dが退役します。B787も快適でいいんですが、貫禄あるジャンボが見られなくなるのは残念ですね。

滑走路の見えるエリア.JPG

 午前便の出発が落ち着いたからか、3連休初日とはいえ、予想していたより混んではいませんでした。とりあえず、滑走路の見えるエリアでくつろぐことに。

奥はガラガラ.JPG

 奥のエリアはガラガラ。

おそばとお寿司.JPG

 飛行機に乗れば機内食が出るのは分かっていますが、ついついラウンジの軽食に手を出してしまいます。(^^;)かきあげそばとおにぎり、稲荷寿司にビールなどなどいただきました。

モヒカンジェットが着陸.JPG

 滑走路を眺めていると、モヒカンジェット(JA602A)が着陸。一度は乗ってみたいと思いながらも、なかなか当たりませんねぇ。当初の予定では2013年までの飛行、ということで見納めの時期が近づきつつあるのでしょうか?

キティちゃんジェット.JPG

 私の乗るANA便の30分くらい前に、同じく台北・松山行きエバー航空のキティちゃんジェットが出発。ANAとコードシェアしてるんだったら、もう少し出発の時間を前後させればいいと思うんですが。。。

 ラウンジで1時間ほど過ごしたら、飛行機の搭乗時間が来たので、ラウンジを後にしました。(つづく)

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

岡山空港ANA Lounge [ANA]

 2012年8月に岡山空港にANA Loungeが新規にOpenしました。

 昨年1年間は岡山空港から飛行機に乗る機会があんましなかったため、1月3連休の台湾旅行の際に初入室となりました。

Lounge 入口.JPG

 2F保安検査場を抜けて、待合室の右奥に進んだところにANA Loungeがあります。以前は空港ターミナルビルの事務所がありましたが、それを貨物ターミナルに移転させ、ここにラウンジを新規に造ったようです。

ビジネスブース.JPG

 受付を抜けて、まず左手にあるのがビジネスブース。

ソファーブース.JPG

 さらに奥にはゆったりくつろげるソファーブース。窓がなく、閉塞感はありますが、全体的にシックな内装です。

ゆずハニードリンク.JPG

 全国のANA Loungeではご当地銘品サービス「ANA LOUNGE PARTNERS」を展開しています。岡山では2月まで山田養蜂場の「ゆずハニードリンク」が提供されています。ライバル社J○Lの「SKY TIME」のような、すっきりとした味わいでした。

 ほかにも、ビールや焼酎といったアルコール、ソフトドリンク、おつまみのナッツも置いてありますが、羽田に比べるとドリンクの種類は少なめです。

混雑するラウンジ内.JPG

 定員が50人と少ないため、出発に近づくにつれ、かなり混雑している印象を受けました。まだ3Fのカードラウンジ「マスカットラウンジ」のほうがゆったり感があるかも。

現在運航休止中のB787.JPG
 
 制限区域内にあるということで、搭乗間際まで時間を過ごせるのは大きなメリットだと思います。

 この時乗ったのはB787(定員335席の詰め込み国内線仕様)。最新鋭のB787とANA Loungeとの相乗効果で新幹線に対抗しようと狙いなんでしょう。

 ただ、度重なるトラブルで今は運航休止となり、B787が重点的に投入されていた岡山―羽田便では欠航便が生じたこともありました。3月より機材のやりくりで何とか1日5往復を確保できるようです。

 安全第一なので致し方ない面もありますが、1日も早く復活してほしいものですね!

 以上、ラウンジレポートでした~。
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。