So-net無料ブログ作成
検索選択
外資系エアライン ブログトップ
前の5件 | -

2013年8月香港旅行記(その11)―CX506便搭乗記②― [外資系エアライン]

 前回のつづき。そして、のんべんだらりと書いてきた香港旅行記も今回でおしまいです。

 さて、CX506便は3時間以上遅れてやっと香港を出発します。

 といっても、プッシュバック→エンジンスタート時に非常灯を残してブツンと、照明や個人用モニターが突然切れるというハプニングもあったり(^^;)、滑走路手前で長いこと離陸待ちを食らったりしました。

 嵐の香港を離陸し、安定飛行に入れば機内食がサーブされます。

前菜、そば、サラダ.JPG

 まずは前菜とサラダ、おそばを。

メインはビーフ.JPG

 メインはビーフステーキ。やはりビジネスクラスに乗ったら、肉料理を堪能したいところです♪

お約束のシャンパン.JPG

 そして、やっぱりシャンパンも外せませんね。(^^)

チーズ盛り合わせ.JPG

 メインを食べ終わって、デザートにチーズの盛り合わせを。

 往路ではワゴンが各座席までやって来て、機内食を出していましたが、復路ではアッパーデッキ後方のギャレーからCAさんがいちいちプレートを持ってきていました。

デザートにハーゲンダッツ.JPG

 そして、ハーゲンダッツもいただいちゃいます。

食後の紅茶.JPG

 食後は紅茶をいただきました。それにしても、今回のフライトに添乗していたCAさんたちは実にフレンドリーな対応で好感がもてました。(^^)

順調に飛行.JPG

 上空の様子。嵐の香港がウソのように、穏やかでした。そして遅れを取り戻すかのごとく、全速力で目的地、関空まで向かいます。

関空に到着.JPG 

 結局、関空に着いたのは夕方の19時前。もうこうなったら、伊丹まで移動して、松山行き最終便には間に合うはずがありません。

 そこで近くのCX地上係員を引っつかまえて、事情を話し、伊丹空港内のホテルを手配してくれたので、そこで一泊し、翌朝のフライトで松山に向かいました。

 今回も天候不良により、トラブルが起こってしまいましたが、これにて香港旅行は終了です。香港はシンガポールと並んでアジアで最も活気の良い街の一つではないでしょうか?

 そんな香港、また行く機会はきっとあることでしょう。その際はぜひともキャセイの翼を利用したいと思いますし、香港でCX便同士を乗り継いで、東南アジア、オーストラリア、ヨーロッパへ行く、というのもひとつ選択肢に入れたいと思います。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年8月香港旅行記(その10)―CX506便搭乗記①― [外資系エアライン]

 台風の影響で出発がずるずる遅れる中、ラウンジでまったり過ごしてから搭乗口へ。

3時間遅れで出発.JPG

 3時間遅れでようやく出発できると思いきや、出発時刻になっても搭乗は始まらず、結局13時30分過ぎから搭乗が始まりました。

キャセイのジャンボ.JPG

2013.08.14(Tue) CX506 HKG14:00→19:10KIX 機種:B747-400(B-HKE)

 この506便では曜日によってB747-400が充当されています。日本のエアラインからは姿を消しましたが、キャセイのジャンボはまだまだ現役で頑張っています。

アッパーデッキへ.JPG

 階段を登ってアッパーデッキへ。

ヘリンボーン型シート.JPG

 ジャンボのビジネスクラスは旧型のヘリンボーン型シート。プライバシーは保たれますが、やや圧迫感があるほか、最初は窓を背中に座る配置に落ち着きません(^^;)

 でも、ジャンボの2階席は屋根裏部屋的な小ぢんまりした感じです。

ウェルカムドリンクはキャセイディライト.JPG

 席について、ウェルカムドリンクの”キャセイディライト"をいただきます。

個人用モニター.JPG

 個人モニターは15.4インチで最新型の長距離用ビジネスクラスと同じ大きさですが、タッチパネルではありません。因みに上空では錦戸亮くんと堀北真希ちゃん主演の「県庁おもてなし課」を観ました。

フルフラット時.JPG

 シートをフルフラットにするとこんな感じ。横になると左右のパーテーションで回りは全く気になりません!

 やはり往路で体験した新タイプに軍配が上がりますが、このヘリンボーン型のシートも十分快適です。

 次でこの香港旅行記も最後です。次回は機内食を紹介します。(つづく)

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年8月香港旅行記(その9)―CXラウンジThe Cabin― [外資系エアライン]

 前回の続き。香港国際空港に着いたら、そのまま出国審査へ。

The Cabin.JPG

 出国審査を難なく済ませ、買いそびれたお土産を買った後は、出発時間までラウンジで過ごします。キャセイパシフィック航空のビジネスクラス用ラウンジは4か所ありますが、そのうち搭乗口に一番近かったThe Cabinに入ります。

朝食1.JPG

 まずはラウンジで朝食におかゆ、焼きそばなどなどいただきます。

朝食2.JPG

 そして、いつもの貧乏癖が出て、サンドイッチやパウンドケーキもいただきました。(^^;)

リラックスエリア.JPG

 ラウンジ内部も見ていきましょう。ここはキャセイ・ソーラス・チェアという名の、プライバシーが確保されたシートが用意されています。ここに居座って食事したり、読書したりするのに最適です。

ビュッフェ.JPG

 こちらはザ・デリ。とあるブロガーさんによると、The Wingの担担麺が美味しいようですが、こちらには残念ながらありませんでした。

ダイニングルーム.JPG

 ダイニングエリア。何だかショッピングモールのフードコートみたいな感じです。

昼食とビール.JPG

 本来乗る予定だった復路の便は10時過ぎの出発予定でしたが、台風の影響でずるずる遅れ、いつになったら出発するか分からない状況。持参してきた本も読み終わり、やることもなくなりました。こうなったら、飲まなきゃやってらんない、ということで軽い昼食をおつまみに飲むことに。

ラウンジから見えるCX機.JPG

 ラウンジから見えるCX機たち。今回の旅でキャセイパシフィック航空気に入りました!今回は試乗的な感じでしたが、次回以降は有償でもビジネスクラスに乗ってみたいですね!

 それにしても、私の乗る予定の便はいつ出発するんでしょうか?関空に着いた後、伊丹までバス移動して、最終のANA便で実家のある松山へ行くんですけど。。。(汗)

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年8月香港旅行記(その3)―CX567便搭乗記②(KIX→HKG)― [外資系エアライン]

 今回は機内食を紹介します。

ウェルカムドリンクはシャンパンで.JPG

 まず、搭乗するとウェルカムドリンクを。朝からシャンパンをいただきます。

キャセイディライトとおつまみ.JPG

 離陸し、水平飛行に入ったら機内食サービスのスタート。まずは食前にキャセイオリジナルのノンアルコールカクテル「キャセイディライト」をいただきます。偶数月にしか飲めないという、キウイとココナッツのカクテル。

前菜はホタテのたたき.JPG

 前菜はホタテのたたき、アーティチョーク入りミックスサラダ、梅蕎麦。

パシフィックサンライズ.JPG

 キャセイディライトを飲み終えたところで、今度は「パシフィック・サンライズ」を。シャンパンをベースとした、こちらもキャセイオリジナルのカクテルです。

メインは見てチョイス.JPG

 メインを載せたワゴンがやって来ました。何が良いかを実際にみて選べるのは嬉しいですね♪

カレイの山葵味噌焼き.JPG

 メインは「鰈の山葵味噌焼き」を。キャセイの和食(正しくは日式料理というみたいです。)は味が濃いと聞いてましたが、確かに濃かったです。(^^;)酒の肴にはいいかもしれませんが。

デザート.JPG

 メインを食べ終えると、今度はデザートのワゴンがやって来ました。デザートはチーズフルーツどちらかを選ぶようになります。

ポートワインとチーズ.JPG

 デザートにはポートワインとともに、チーズの盛り合わせをいただきました。

コーヒーとハーゲンダッツ.JPG

 さらにさらにで食後にはハーゲンダッツとコーヒー、チョコレートも。しかもハーゲンダッツは日本で売られているのものよりも大きかったです!

 日系ならばビジネスクラスでもワンプレートでおしまいなのに対して、キャセイは短距離でもこの充実したサービス!他社も是非見習ってほしいところですね。

香港に到着.JPG

 フライトは順調で定刻より30分近く早く香港国際空港に着陸。キャセイでは離陸後から携帯電話などの電子機器の使用を許可してるんですね。

 座席といい、機内食といい、キャセイのレベルの高いサービスには大満足。飛行機を降り、香港市内へと向かいます。(つづく)

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年8月香港旅行記(その2)―CX567便搭乗記①(KIX→HKG)― [外資系エアライン]

 前回のつづき。いよいよ念願のキャセイパシフィック航空に初めて搭乗します。因みに外資系エアラインでワンワールド加盟の会社に乗るのもこれが初めてです!

CX A330型機.JPG

2013.08.11(Sun) CX567 KIX9:20→12:20HKG 機種:A330-300(B-LAI)

 日本線によく飛んでくるのはこのA330で、飛んでる路線数も保有している機材数もA330が多いようです。ANAでいうところのB767みたいな位置づけでしょうか。

新ビジネスクラス.JPG

 今回乗った機材は長距離用でかつ、新仕様のシートを装備した機材でした!(^0^)通路を挟んで1-2-1の配置で斜めに配置され、程よく開放感とプライベート感が両立した造りとなっています。もちろんフルフラットシートで、もうファーストクラスも顔負けといったとこでしょう!

フルフラット時.JPG

 フルフラット時はこんな感じ。一番広い部分で幅は65cmくらいあるので、かなり楽です。

図書館戦争を鑑賞.JPG

 個人用モニターは15インチでタッチパネル式。20インチ以上のものを採用している会社もありますが、これでも十分なサイズです。往路では「図書館戦争」をみました。V6の岡田君もこの映画に出ていますが、大河ドラマや映画「永遠の0」でまさに今話題の人ですね。

ビジネスクラスキャビン内.JPG

 自分の席からキャビンをみた様子。殆ど人の目は気になりません!今まで乗ったビジネスクラスの座席で最高に居心地が良く、4時間のフライトじゃもったいないくらいです。

 キャセイのビジネスクラスは機内食も素晴らしいものでした!それは次回お届けしましょう。(つづく)

前の5件 | - 外資系エアライン ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。