So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャンボフェリー乗船記(高松東港→神戸港) [船旅]

 5月下旬に「ある列車」に乗りに北へ旅に出たので、その旅行記をお届けしたいと思います。

夜の高松駅.JPG

 まずは、夜の快速マリンライナーで瀬戸大橋を渡り、高松駅までやって来ました。高松から「ジャンボフェリー」で夜間に神戸まで移動するためです。

高松東港ジャンボフェリー乗り場.JPG

 高松駅を深夜24時に出発する無料送迎バスで高松東港まで来ました。ここがジャンボフェリーの発着港です。

乗船券.JPG

 乗船券。現在は片道1,990円となっていますが、それでも高松~神戸の距離を考えると安い!しかもPiTaPaで乗船券を買うと5%OFFとなります。ふっふーん♪

椅子席.JPG

 0時35分ごろから乗船が始まります。とりあえず船内をいろいろみて回ります。こちらは椅子席。リクライニングシートとソファーが配置されています。

カーペット席.JPG

 フェリーお約束の桟敷席もありますが、こちらの方が人気が高く、椅子席(リクライニングシート)で仮眠をとることに。先着順で個室(+¥2,000)へのアップグレードも受け付けているみたいです。

 このほか、金曜夜ということもあって夜行便はかなりの人気で、中には寝袋等を持参して、船内のロビーや廊下で寝るツウもいました!

深夜も開いている売店.JPG

 さらには、夜行便でありながら売店の営業も。四国各地や神戸の銘菓、讃岐うどんが販売されてたほか、DVDプレーヤー、ソフト、寝具レンタルもやっていました。

夜食にうどん.JPG

 で、真夜中に食べるのは体に良くないと分かりつつも、かけうどんを食べました。

もうすぐ神戸.JPG

 結局そんなに寝たという実感がなく、出港から3時間半ほどたったところで神戸の街が見えてきました。

車両甲板.JPG

 デッキから見る車両甲板。ロングコンテナが結構積まれているほか、思ったよりマイカーの利用も観られました。コンテナたちは神戸港からまたどっか海外へと長ーい船旅に出るんでしょうね。



 ジャンボフェリーといえば、このテーマ曲。神戸港到着前に船内に大音量(?)で流れ、結構脳裏に焼き付いてしまいます。(^^;)

神戸港に到着.JPG

 定刻から10分少々遅れて、神戸港三宮第三突堤に接岸。ここから三ノ宮駅までは連絡バスもありますが、運賃¥200をケチって歩いていきました。(^^;)


nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

宇高航路で岡山へ [船旅]

 とある企業の1次面接を終えて、香川から岡山へ戻るのに、あえて宇高航路のフェリーに乗ってみることにしました。おとなしく瀬戸大橋線に乗れば早い話ですが・・・

 今年は宇高航路が開設されて100年ですが、前政権の愚策「高速1000円」にる乗客減により、今年2月に廃止が発表されました。ところが、余りにも発表が唐突で存続の声も大きかったことから、廃止を撤回し、しばらく存続することになりました。

 この宇高航路は通勤通学の足としても使われていますし、瀬戸大橋線が強風などによって通行止めになった際は、振り替え輸送手段に指定されていますので、何とか廃止は免れて地元ではとりあえず一安心のようです。

CIMG8136.JPG

 前置きは長くなりましたが、高松駅から歩くこと5分ほどにあるフェリー乗り場から宇野行きのフェリーに乗ります。

CIMG8135.JPG

 今回乗るのは、四国フェリーの「第十七玉高丸」です。

CIMG8144.JPG

 高松―宇野間は大人390円と安いです!自動車も瀬戸大橋に対抗して、かなり安く設定されていたように思います(しかも同乗車無料!)

CIMG8137.JPG

 サンポート高松のビル郡を眺めながら、定刻をやや過ぎてに高松港を出港です。

CIMG8138.JPG

 船内は白い椅子が並んでおり、豪華とは言いがたいですが、1時間過ごすには十分です。

CIMG8145.JPG

 船内の売店で頼んだ「きつねうどん」(320円)。お昼にもうどんを食べてますが、そこら辺は気にせず(^^;)船内で食べるうどんも格別に美味しいです。

CIMG8143.JPG

 航行中、宇野からのフェリーと何回かすれ違います。写真は宇高(うたか)国道フェリーです。

 余談ですが、瀬戸大橋開通まで走っていた旧国鉄の宇高連絡船は「うこう」と読みます。

CIMG8150.JPG

 遠くには瀬戸大橋も見えます。

CIMG8154.JPG

 宇野が近づいてくると、造船所も多数見えてきました。

CIMG8158.JPG

 約1時間の船旅を終え、無事に宇野港に到着しました。

 降りる際、車両甲板を見ましたが、大型トラックを中心にそれなりに利用はあったと思います。フェリーは高速道路と違って、休みながら移動できるのが最大のメリットですよね。もちろんその分ガソリン代もかかりませんし。

 廃止にするのは簡単ですが、いざ必要というときに復活させれるかといえば、できない方が多いです。国もマイカーばかり優遇せずに、こういう必要とされている公共交通をきちんと守ってもらいたいものです。

CIMG8163.JPG

 宇野港から歩いてすぐのJR宇野駅から両備バスの「渋川特急」に乗り、岡山市内まで戻ってきました。

 


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。