So-net無料ブログ作成
アメリカ西海岸 ブログトップ
前の5件 | -

アメリカ西海岸旅行記(その35)―シビックセンター界隈― [アメリカ西海岸]

 アメリカ滞在7日目の午後、最後の目的地はシビックセンターと呼ばれるエリア。ここに、シティホール(市庁舎)、アジア美術館などが集中しています。

シティ・ホール.JPG

 サンフランシスコの市庁舎、シティ・ホールです。サクラメントのカリフォルニア州議事堂とも似たような造りで、もとはワシントンの州議事堂を参考にして造られたそうです。

シティホール内部.JPG

 内部も見学可能なので、入ってみることにしました。中に入ると、石造りの豪華な造りとなっています。

シティホール内部(2).JPG

 壁面の彫刻も凝った感じがします。アメリカで最も美しい建築物のひとつにも称されているんだとか。

それにしても、よく高い所に彫ったもんだなぁ、と感心するのは私だけでしょうか?

アジア美術館.JPG

 道路を挟んで、シティホールの向かいにあるのがアジア美術館。今回はもう時間がなかったのでパスしましたが、また訪れる機会があれば、じっくりと見て回ってみたいですね。

オペラハウス.JPG

 シティ・ホールの西側にあるのが、ウォーメモリアル・オペラハウス(War Memorial Opera House)。1932年に造られたバロック風の建物で、1951年にはここでサンフランシスコ平和条約が調印されました。

 中に入りましたが、客席なんかの一般公開はされてないようでした。

マーケット・ストリート.JPG

 シティホールを見学したり、周辺の建物を撮影して、マーケットストリートに戻ってきました。時刻は夕方の4時過ぎ。名残惜しいですが、サンフランシスコを後にすることにします。(つづく)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ西海岸旅行記(その34)―IN-N-OUTのハンバーガー― [アメリカ西海岸]

 アメリカのハンバーガーチェーンといえば、言うまでもなくマクドナルドですが、カリフォルニアで人気なのはマックではなく、「IN-N-OUT」たるチェーン店です。

IN-N-OUT.JPG 

 ブログでも数多く紹介されており、是非とも味わっておこう、ということで最終日の昼にフィッシャーマンズ・ワーフにある、IN-N-OUT(インアンドアウト)のお店にやって来ました。

キッチンの様子.JPG

 カウンター奥の厨房の様子。IN-N-OUTでは作り置きはせず、客からオーダーを受けてから、全て手作りで作っています。

ドリンクバー.JPG

 客は待っている間、ドリンクバーで先に飲み物を選び、飲んで待ちます。このドリンクはお替り自由とのこと。

ダブル・ダブルセット.JPG

  IN-N-OUTの特徴はメニューがハンバーガー、チーズバーガー、ダブル・ダブルバーガー(パテ2枚重ね)の3種類のハンバーガーとポテト、ドリンクしか扱ってないこと。

 ただ、裏メニューたるものもあるそうです。例えば、スリー・バイ・スリー(パテ3枚とチーズ3枚)とか、バンズ抜きで、レタスでパテを挟むプロテインスタイル、ポテトもウェルダン・フライ(普通のものより揚げる時間が長い)、ライトフライ(揚げる時間が短い)などがあります。

 写真は私がオーダーした、ダブルダブルバーガーセットです。

 ハンバーガーはボリュームがあって、野菜もしっかり入っているので、結構美味しかったです。

 ただ、ポテトはもうちょっとサックリした方が良いかな、と思いました。ということで、今度来る機会があったら、ウェルダンで頼むことにします(^^;)

 そういえば、今回の旅行でアメリカのマクドナルドも体験したかったのですが、行く機会を逃してしまいました。旅先のマックに行くと、大体その国の物価が分かるんだとか。

 ちなみに世界で一番高いのはスイスのようで、なんでもビッグマックセットが¥1000以上もするそうですよ[exclamation×2]

 アメリカは州や商品にもよりますが、総じて日本より多少安いかな、といった感じでした。(サンフランシスコはニューヨークに次いで、物価が高いといわれていますが・・・)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アメリカ西海岸旅行記(その33)―サンフランシスコの乗り物― [アメリカ西海岸]

 今回はサンフランシスコで見かけた、乗り物を紹介します。

ミュニメトロFライン(1).JPG

 まずはミュニメトロFラインのレトロな路面電車。サンフランシスコといえば、ケーブルカーが有名ですが、路面電車も市民や観光客の足として走っています。

ミュニメトロFライン(2).JPG

 この車両はミラノから来た車両だそうです。ほかにも、モスクワ、ニューオリーンズからやって来た車両もいるそうです。

ミュニメトロFライン(3).JPG

 1935年に開発された高性能車PCCカー。登場から何と75年以上も現役バリバリなんですね。

 レトロなデザインながら、ICカードが利用可能です。もちろん、現段階で日本のSuicaとかが使える訳ないですが、ゆくゆくは世界のIC乗車券が相互利用可能なんて日が来るかも!?

 因みに1回の乗車で$2で、90分以内なら支払い時にもらう「トランスファーチケット」の提示で次のバス、電車に乗り継げます。

 また、ケーブルカー、路面電車、バスが乗り放題のMUNIパスもあります。1日用が$13、3日用が$20、7日用が$26でありますので、こちらを使った方がオトクです。

サンフランシスコ鉄道博物館.JPG

 フェリービルディング近くには、サンフランシスコ鉄道博物館があります。Fラインの車内広告を見て気になったので、行ってみました。

サンフランシスコ鉄道博物館(2).JPG

 保存車両はありませんが、路面電車の資料やグッズが所狭しと並んでいます。iPadっぽいタッチパネルディスプレイがあって、車両の写真やデータなんかも見れます。

トロリーバス.JPG

 トロリーバスも走っています。屋根に集電のパンタグラフがついているのが見えます。乗ってみたかったですが、残念ながら機会に恵まれず(泣)

 日本では、富山の立山黒部アルペンルートに走っているだけです。

輪タク.JPG

 フィッシャーマンズワーフ・ピア33では観光用の輪タクもいました。

水陸両用車.JPG

 すでに紹介していますが、フィッシャーマンズワーフで見かけた観光用の水陸両用車。 これも面白そうですね~。

  サンフランシスコではクルマを借りるより、お洒落な乗り物で市内観光するのがおススメです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ西海岸旅行記(その32)―アルカトラズ島ツアーⅡ― [アメリカ西海岸]

 前回のつづき。いよいよアルカトラズ島のメイン、元刑務所の内部に入ります。

貸出オーディオ.JPG

 中に入ると、貸出式のオーディオが渡されます。英語だけでなく、日本語もあるので英語がチンプンカンプンでも大丈夫です!これを聞きながら、中を見学します。

刑務所内部.JPG

 早速刑務所の中を入ると、上まで牢屋、というか小さな独房がぎっしり!

牢屋の中.JPG

 柵越しに見た独房の中。ベッドと机、そしてトイレと洗面台がセットに。トイレと自分の生活空間が壁で仕切られていないなんて、耐えられませんね。

 ただ、刑務所内に図書館があったり、ラジオが備え付けられている独房があったりで、中には絵を描いていた受刑者もいたようで、そんなに退屈することはなかったようです。

極悪犯罪者たち.JPG

 このアルカトラズ島の刑務所は、脱獄不可能と言われており、全米を震撼させた極悪犯罪人たちを収容していました。

 中には、脱獄不可能とは言われつつも、脱獄を図った受刑者たちも数多くいたようです。

銃撃戦の跡.JPG

 1946年に、巡回する刑務官を殺害して鍵を奪って、脱獄を図った3人の受刑者が射殺された現場。

脱獄の現場.JPG

 1962年6月には夜な夜なスプーンで壁に脱出用の穴を掘って脱獄を図った3人の受刑者もいました。網走刑務所を脱獄した受刑者と似たような手口ですね。

配管の隙間.JPG

 牢屋から脱出した彼らは通気口の隙間を抜け、刑務所の外へ出ることに成功しました。しかし、島周辺の海流は速く、水温も低いため、溺死したと言われています。(実際は遺体が見つかっていないため、現在も脱獄中という扱いになっています。)

 このストーリーは「アルカトラズからの脱出」という映画にもなっています。

アルカトラズの終焉.JPG

 そんなアルカトラズ島の刑務所も、風雨で建物が傷みやすく、維持・管理の経費がかかりすぎたことから、1963年3月21日をもって閉鎖されました。

アルカトラズから見たサンフランシスコ.JPG

 刑務所から見るサンフランシスコ。受刑者たちも早く出たいという思いで毎日見てたことでしょう。夜になると、賑やかな声や音が聞こえてきたんだとか。

さらば、アルカトラズ!.JPG

 約2時間の見学を終えて、船に乗ってピア33へ戻りました。なかなか迫力、臨場感のあるツアーでした。(つづく)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ西海岸旅行記(その31)―アルカトラズ島ツアーⅠ― [アメリカ西海岸]

 アメリカ滞在7日目、この日が実質的な最終日です。この日も曇りでときどき小雨が降る生憎の天気。サンフランシスコではとことん天気に恵まれなかったな・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

アルカトラズ島への入口.JPG

 この日の午前は、アルカトラズ島ツアーに参加すべく、フィッシャーマンズ・ワーフ、ピア33へ。

アルカトラズ島.JPG

 アルカトラズ島はフィッシャーマンズ・ワーフ沖合3㎞に浮かんでおり、アメリカ軍の要塞や連邦刑務所として使われていた島です。 

アルカトラズ島に到着.JPG

 船に乗ること10分ほどでアルカトラズ島に到着します。島に降り立ったら、桟橋付近でレンジャーの簡単な説明を受けます。

衛兵所.JPG

 レンジャーの説明を聞き終わると、各自のペースで島を回っていきます。上り坂を登ってまずは衛兵所跡地を通り抜けます。

郵便物受渡所.JPG

 ここはもと郵便物受取所。長年の風雨にさらされて、廃墟と化しています。

この先立ち入り禁止.JPG

 アルカトラズ島はカモメ、サギ、ウ(鵜)といった野鳥の貴重な生息地でもあり、立ち入りが制限されている箇所があります。

倉庫.JPG

 郵便物受取所跡からさらに進んだとこにあるのが、倉庫と発電所。

刑務所入口.JPG

 島の中央部、少し小高いところに、刑務所があります。これから、刑務所内部を見学します。(つづく)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - アメリカ西海岸 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。